コバ・パイピング

バッグの持ち手がボロボロに!そんなお悩みも修理可能です。

更新日:

バッグ自体は全く問題ないのですが、持ち手だけが劣化が激しく、使うのに躊躇してしまうお悩みはありますか?

持ち手たけの修理も受け付けております。

持ち手のトラブルは、破れや剥がれ、黒ずみなどがありますが、状態が悪い場合は持ち手の交換をオススメ致します。

でも、交換せずに直せるレベルであれば、コバ再生や染め直しの方が安上がりです。

今回は、コバ(革の断面)が劣化してボロボロになっているバッグとなりますが、このような状態であれば交換せずに修理が出来ます。
IMG_4016.JPG
革の持ち手は革を2枚使って接着したり、縫い合わせたりしている場合があります。そして革の断面を塗料で見栄えを良くしているのですが、多少固めの塗料ですので、ヒビ割れを起こしてボロボロになってしまうケースがあります。

当店では、コバ再生をしてお直し致します!
IMG_4059.JPG

ボロボロになったコバもしっかりと補強出来ますので、同じようなお悩みがあれば是非ご相談下さい。

お待ちしております!

簡単!お問合せ方法について

お問合せ方法は「LINE」「メール」「お問合せフォーム」「電話」の4種類ございます!

-コバ・パイピング
-, ,

Copyright© 革製品(バッグ、財布、パンプス等)の宅配修理専門店| 革研究所長野店 , 2019 All Rights Reserved.