内張り・内袋交換 縫製修理

バッグ内側がベタベタに!そんなトラブル解決します!

更新日:

せっかく買ったブランドバッグなのに、内側がベタベタする!

しばらく使っていなかったバッグの内側がベタついて使えない!

愛用しているバッグだけど、最近内側の皮がボロボロしてくるし、さらに手を入れるとベタベタしてきた!

こんなお悩み・ご相談があります。

原因は合成皮革いわゆる合皮素材を使用している事ではないでしょうか。
バッグの外側は本革なのですが、内側は合皮で作られている事が多いです。
本革は何十年と使えますが、合皮は5年程度と言われています。(使用環境や利用頻度により誤差はあります)

海外ブランドのバッグや財布でベタベタになって問い合わせてくるお客様も多くいらっしゃいます。ヴィトンのバッグに良くあるトラブルですかね、、、。

バッグのベタベタを取る方法があるのか?
今のところ、この現象を解決する方法は
・内張りまたは内袋交換
だけとなります。
クリーニングをしても一時的に改善される程度で、また直ぐにベタベタしてきます。

このように外側はキレイなバッグです
20140730-230845-83325870.jpg
写真では分かりませんが、内側はベタベタ20140730-230846-83326618.jpg20140730-230847-83327346.jpg
内袋交換後はスッキリ!
20140730-230848-83328172.jpg

バッグの内袋交換価格(税抜)

Sサイズ 13,500円
Mサイズ 21,000円
Lサイズ 26,000円
内側を現状通りに再現した作りとなります。(ポケットの個数なども含めてバッグの大きさで一律料金となります。)
バッグサイズはメニュー・料金をご覧下さい。
また、内張りや内袋交換時にポケットを追加する事も可能です。詳しくは一度お問い合わせフォームよりご相談下さい。

それでは、ご依頼・ご相談お待ちしております!

簡単!お問合せ方法について

お問合せ方法は「LINE」「メール」「お問合せフォーム」「電話」の4種類ございます!

-内張り・内袋交換, 縫製修理
-, , , ,

Copyright© 革製品(バッグ、財布、パンプス等)の宅配修理専門店| 革研究所長野店 , 2019 All Rights Reserved.