バッグ 縫製修理

バッグの表皮剥がれ、内側でも外側でも張り替え可能です

投稿日:

バッグの表皮・表面の剥がれでお困りの方向けの情報となります。内側の剥がれやベタつきなどのトラブルはバッグの中がベタベタ・ボロボロになっても修理で解決!などでご紹介しておりますが、今回は外側の張り替え修理をご紹介致します。

合皮の剥がれ、それは寿命です

今回のバッグもそうですが、剥がれや亀裂が入っている部分は全て合皮でして、例え染め直し等で修復しても、基礎となる合皮が剥がれてしまう状態ではくい止めることが出来ません。その為、合皮の染め直しは余程良い状態でないとお受けしておりません。
と言う訳で、別の素材への張り替えが有効な手段となりますが、バッグの内側ならば布地が推奨となり、外側ならば本革が推奨となります。但し、本革への張り替えは多少高額になりますので、お見積りにてご検討頂ければと思います。

バッグの合皮を本革への張り替えました

それでは、今回は合皮部分を本革への張り替えましたので、その写真をご覧下さい。
image
image
image
image
image
image
このバッグは、ショルダーベルトやバッグ本体の角部分など、基本的に合皮が使われていましたが、ご依頼者様からのご要望で、全て張り替えとなりました。ただ、合皮に張り替えてしまうと、いづれ同じ事が起こりますので、本革への張り替えとなりました。
施工前後の写真を見て頂くと分かると思いますが、違和感なく仕上がりも上々だと思います。
ご依頼者様も、仕上がったバッグを見て喜んでいました!
愛着のあるバッグなどは、捨てる前に張り替えやリメイクなどを検討してみては如何でしょうか(^^)

簡単!お問合せ方法について

お問合せ方法は「LINE」「メール」「お問合せフォーム」「電話」の4種類ございます!

-バッグ, 縫製修理
-, ,

Copyright© 革製品(バッグ、財布、パンプス等)の宅配修理専門店| 革研究所長野店 , 2019 All Rights Reserved.