革製品の宅配修理専門店| 革研究所長野店

革製品(バッグ・財布・靴・ジャケット・ソファ)のメンテナンス・修理・クリーニングならお任せ下さい。職人が1点1点手作業にてキレイに致します。

エナメル製品(バッグ・財布等)の修理注意事項

当店でのエナメルバッグやエナメル財布の修理をご検討ありがとうございます。
下記に修理での注意事項が明記されていますので、ご依頼時には熟読・ご理解の程を
宜しくお願い致します。

再現・修復出来ない色について

当店での修理では、下記の塗料は持ち合わせておりませんので再現・修復不可能となります。

  • メタリック系塗料(ゴールド・シルバー・ブロンズ等)
  • ラメを含んだ塗料
  • パールを含んだ塗料

現在の革色が上記だった場合、それ以外の色(カラーチェンジ修理)や近い色での修復となります。
ちなみに当店修理事例で掲載している写真は全て上記塗料は使用していませんので、参考にして頂ければと思います。
また、エナメル部分については部分補修は不可となります。

エナメルの剥がれ修理について

既に剥がれてしまっているエナメル部分についてですが、極力埋めて目立たなくしております。
但し、状況によっては凹凸が残る場合もございます。(特にヴェルニ等のように型押しで凹凸がある素材)

エナメルの変色修理について

エナメルのお問い合わせで多いのが「変色」となります。
元々透明なエナメル膜が経年劣化・加水分解等により黄色っぽく変化する現象です。この修理につきましては、元の色に近付ける場合でもカラーチェンジオプションが必要になる可能性があります。
(※白いバッグが黄色っぽくなってしまった場合、白系に戻す事は修理時間が大幅に増える為です。)
最終判断は現物確認後となりますが、ご了承下さい。

エナメルコートについて

エナメルコート時に多少の気泡や埃が混入する場合がございます。極力入らないように注意して作業をしておりますが、防塵室等の設備はない為、ご理解を頂きたいと思います。

エナメルコートの修理上限について

エナメルコートはそれなりに厚膜となりますので、ロゴ刻印の型押し(ルイヴィトンのヴェルニなど)等がある場合は、2~3回が限度となります。(刻印がどんどん埋まってしまう為です。)
修理する場合は、その点を考慮の上色決めをして頂ければと思います。

ステッチ(糸目)について

エナメル修理ではステッチの上にもエナメルが付着する事になります。
本来バッグや財布を作る工程ではエナメル生地を使って縫い合わせていますのでステッチにエナメルが付着する事はありませんが、修理の場合はステッチを外しての作業ではない為ご理解をお願い致します。
ナイロン系のステッチならば特に気にする程度ではないと思いますが、綿系のステッチの場合は毛羽立ちが発生してステッチがざらついてしまいます。
どうしてもと言う方はステッチを外して作業となりますが、別途縫製分解代金が発生致します。(かなり高額です。)

バッグや財布の形状により他にも注意事項がある場合がありますが、その場合は別途ご相談致します。

関連する修理事例はこちら

2017/06/02