カルティエ バッグ ベタベタ・ベタつき 内張り・内袋交換

ブランドバッグの内側がボロボロ!お直し致します

更新日:

せっかくのブランドバッグなのに!!!
内側がベタベタ・ボロボロで使えなくなってしまった!
そんなバッグをお持ちではありませんか?

バッグの内側に合皮が使われている場合が多くあり、その合皮が劣化して起こる現象です。
既に寿命が来ていますので、内側を張り替えるしか方法がありません。
当店でのオススメは、布地への交換となります。
また合皮にすれば、いつか同じ現象が起こりますし、本革にすると修理コストがかかります。
低コストで長く使えるのが布地ですね!

今回ご紹介はカルティエ(Cartier)のバッグです。
1869.JPG1870.JPG
このようにボロボロになると、表皮の剥がれが発生してしまいます。
ベタベタして来た時がそのサインです。
今回の修理は内側を内袋交換致しました。
IMG_3934.JPGIMG_3933.JPG
交換後は中もすっきりしますし、今後同じ現象が起こらない安心感があります。

外側はまだキレイなのに内側のベタつきで使えなくなったバッグにはオススメの修理です。

内張り・内袋交換の価格は大きさと、ポケットの数で決まります。
詳しくは→メニュー・価格

同様の修理は是非ご相談下さい!

簡単!お問合せ方法について

お問合せ方法は「LINE」「メール」「お問合せフォーム」「電話」の4種類ございます!

-カルティエ, バッグ, ベタベタ・ベタつき, 内張り・内袋交換
-, , ,

Copyright© 革製品(バッグ、財布、パンプス等)の宅配修理専門店| 革研究所長野店 , 2019 All Rights Reserved.