財布

【CHANEL】財布のクリーニングと染め直し(補色)|2つの違いをご紹介

こんにちは。

今回は「クリーニング」と「染め直し(補色)」の違いについてご紹介致します!

なお、この違いですが、修理店により様々ですのであくまでも当店での内容になります。

財布のクリーニングとは

まず「クリーニング」についてです。

当店で言う「クリーニング」は革の表面を専用クリーナーにて余計な油分や汚れを除去する作業になります。

逆に言えば、補色や傷埋め等の着色は一切行わない作業です。

ですので有効な場合とそうでない場合があります。

例えば革の表面が傷だらけの場合や色褪せてしまっている場合などですが、これらはクリーニングをしても改善しません。

結構大事に使っていて、傷や色あせはないけれど汚れ(手垢など)が付着している場合などは有効です。

購入して間もない場合はクリーニングで問題ないかなと思いますが、購入してかなり使い込み黒ずみが起こっている場合は、元々の汚れは付着物だったとしても、長年付着していると「染み」になってしまいクリーニングでは除去出来ない場合もあります。

例えばこのような財布です。財布はCHANEL(シャネル)のキャビアスキンになります。

凹凸がはっきりしている財布ですので、溝に汚れが溜まりやすいですね。クリーニングである程度は落ちると思いますが、結構使い込んでいますので染め直しも必要になってきます。

とりあえずクリーニングをしてみた結果がこちらです。

違いが良く分かるかと思いますが、これが「クリーニング」の限界です。

まだ所々に黒ずみっぽく見えている部分もありますが、既に汚れがシミに変化しており落ちない汚れとなります。

財布のクリーニングは表面の汚れを落とす効果

このように汚れを落とすだけであればクリーニングで可能となります。

ご依頼時に「財布をクリーニングして欲しい」と来る事が良くありますが、ほとんどがクリーニングでは対応出来ない傷やシミがあったりとしますので、このような場合は「染め直し(補色)」をオススメ致します。

財布の染め直し(補色)とは

次に「染め直し(補色)」についてご紹介致します。

前提として、染め直し作業をする場合には前にお伝えした「クリーニング」は作業工程の中に含まれております。

ですので、染め直しをするとしても「染め直し」の料金と「クリーニング」の料金は別々とはなりません。

例外として、財布などで外側は染め直しをして内側はクリーニングのみであれば内側のクリーニング代金は発生致します。

染め直しをする場合の工程として、

  1. 修理対象部分のクリーニング
  2. 傷や剥がれ等の部分補修(表皮形成)
  3. 修理対象部分の染め直し(補色)
  4. 色止め(艶調整)

大きくこの4工程になります。染め直しでご提案する場合はこれらが全て含まれた金額でご提示しております。

クリーニングした財布を染め直し(補色)事例

それでは先程の財布を今度は染め直しした写真をご紹介します。

これが染め直し前の状態です。

次に染め直しをした後の状態となります。

撮影場所や時間帯が違いますので少し色味が違って見えておりますが、染め直し前に気になった黒ずみやシミ汚れは綺麗になっているかと思います。

もちろんクリーニングまでの状態になれば十分です!と言う方はクリーニングのみでも構いませんが、クリーニングで何処まで落ちるのかは作業してみないと分からない部分でもありますのでご理解下さい。

財布のクリーニングと染め直し(補色)の違いをまとめ

最後になりますが、財布の修理前・クリーニング後・染め直し後で見やすくしてみましたのでご覧下さい。

クリーニングと染め直し(補色)の違いが分かりますでしょうか?
修理をご依頼して頂く参考になればと思います。

クリーニング・・・表面の油分や汚れを除去

染め直し・・・表面のシミや傷や黒ずみを改善

こんな感じです。

今回ご紹介した財布の参考修理価格

あくまでも2019年12月の参考価格となります。

財布の状況や素材等により修理価格は変動する可能性がありますのでまずは仮見積りをお願い致します。

今回ご紹介したシャネルのキャビアスキン財布ですと、

財布外側クリーニング:2,160円

財布外側染め直し:10,800円

※税抜き価格

となります。

 

それでは皆様からのご相談・ご依頼をお待ちしております。

 

簡単!お問合せ方法について

お問合せ方法は「LINE」「メール」「お問合せフォーム」「電話」の4種類ございます!

-財布
-, , ,

© 2020 革製品(バッグ、財布、パンプス等)の宅配修理専門店| 革生活