プラダ 色褪せ・色落ち 財布

【PRADA】財布の汚れ・剥がれ・色移り修理

投稿日:

普段使っている財布や汚れ等で使わなくなった財布の状態でお悩みの方は多いかと思います。人目に付きやすいお財布は綺麗な状態で持ち歩いていたいですよね!

・財布が汚れてしまった

・財布がボロボロになってきた

・財布の見た目が悪くなった

そんな時は是非修理をご検討下さい。見積りは無料ですし、見積り後に新しい財布を買うか修理をして使い続けるかを決めて頂ければと思います。

PRADA(プラダ)サフィアーノ財布のご依頼

今回は愛用している方も多く、当店へのお問合せも多いPRADA(プラダ)のサフィアーノになります。

状況としましては、

・財布の表面がボロボロ(剥がれ)

これは塗膜層が剥がれてしまっていて塗膜がある所とない所で色の違いがみて分かります。

・角や縁のスレ傷や黒ずみ

こちらも塗膜層が剥がれていまして、さらに汚れ等により黒ずみになっております。

実際財布を見ますとこれと言った大きな傷や破れはないのですが、塗膜が剥がれている事により見た目が悪くなってしまっています。

財布の表面が剥がれる原因

これは色々とありますが、多くは手の油脂による汚れや良く持つ事によるスレにより表面劣化になります。

手に含まれる油脂汚れで写真のようになるの?とお考えの方もいると思いますが、革製品は水分や油分には弱いので革のコーティングが薄くなってきますと色落ちや写真のような塗膜剥がれが起きる原因となります。

普段のお手入れで油分を除去したり、汚れを除去する事によって少しでも長く綺麗な状態を保つことが出来ます。

また、このサフィアーノは表面に小さな凹凸が特徴でもありますが、それゆえ擦れやすいのも原因の1つかと思われます。

財布は補色修理すれば綺麗になります!

それでは修理前と修理後を写真にてご紹介です。

まずは修理前の写真ですが、マスキングする前に撮影するのを忘れ・・・マスキング後の写真となります。

修理では色付け等しない部分を隠して作業をしております。

このような状態です。

元の色はピンクベージュのようなお色ですが、ほぼ全体が塗膜剥がれで残念な状態です。さらに黒っぽくなっている部分は完全に塗膜層は削られていて、革が剥き出しの状態になっており、その為汚れや油分が付着する事で黒ずみになっています。

では修理後の写真です。

大きな傷がなかったので、かなりキレイな状態に戻ったかと思います。

サフィアーノの場合小さな凹凸がありますが、この凸がスレてかなり削られていますと修理をしても傷跡が残ってしまいます。(凹凸の復元は出来ない為。)

色につきましては毎回調色をしておりますが、修理前の革色を見てもあまり良く分からない感じでしたので、ファスナー布地や内側を目安にして作っています。

この写真を見て頂ければと思いますが、ファスナー色とほぼ近い色ですよね!(ファスナー布地はマスキングしての作業です。)

 

このような感じで修理すればまだまだ使えるお財布になる場合もありますので、一度ご検討してみてはどうでしょうか?

皆様からのご質問やご依頼お待ちしております!

 

お問い合わせはこちら

-プラダ, 色褪せ・色落ち, 財布
-,

Copyright© 革製品(バッグ、財布、パンプス等)の宅配修理専門店| 革研究所長野店 , 2019 All Rights Reserved.