シャネル 縁のスレ傷・角スレ傷 財布

【CHANEL】財布のメンテナンス|大切な財布の破れや黒ずみ修理

更新日:

財布は長く使う方も多いかと思いますが、長年使っていると縁周りの劣化やスレ傷から破れが生じてしまう事もあります。

今回はそんな財布の修理をご依頼頂きましたのでご紹介致します。

スレ傷はやがて破れに・・・

良く出し入れする財布ですから何処かに擦れてしまう事も多々あります。実際結構傷んでいる方も多いはずです。

ですが、そのまま使い続けるといつか革が破れてしまい写真のようになってしまう事もありますのでご注意下さい。

周辺の革も結構傷んでおりますのでかなり使い込まれているかと思われます。

修理価格の話をしますと、破れているかいないかで金額がかわってしまいますので、少しでも安くそして綺麗にしたい場合は破れる前にご依頼頂いた方が良いです。破れてしまえばどうしてもまるで分からなくなるレベルまで復元する事は難しいです。

また写真を見ますと縁周りやポケットの入り口付近の黒ずみが目立ちます。これも革がスレてコーティングが無くなってしまい、汚れや皮脂汚れが革に付着もしくは沈着してしまっている状態です。

革にとってコーティングが無くなってしまうのは問題でして、このように黒ずみになりやすくなったり色落ちをする原因になります。

こちらもお早目のメンテナンスが必要かと思います。

CHANEL財布のメンテナンスをしました

それでは当店で傷んだ財布をメンテナンスしましたので写真でご紹介となります。

まずは修理前の写真ですが、上2枚以外の角度からとなります。

このような感じで全体的に劣化している感じがあり、特に縁周りは黒ずみや破れが目立ちます。

次に当店でメンテナンスをした写真です。

破れた部分は塗料にて傷埋めをして、黒ずみ等は全体的に拭き取りクリーニング後に補色をして色艶を再現致しました。

素材はラム革ですのでとても柔らかい質感があります。破れていた部分はどうしてもその質感を再現する事は出来ませんが、それ以外の部分は極力のこしつつ復元するような修理になります。

ご自身での財布メンテナンスについて

ご自身でもある程度のメンテナンスは重要です。

革の表面は細かい凹凸があり、汚れが付着しやすいので適度にメンテナンスをする事で色艶を長く保つ事が出来ます。

革用のメンテナンスクリーナーがあれば尚良いですが、ない場合は日々の拭き取りや少し汚れが目立ってきたときは固く絞った布巾で軽く拭き上げるだけでも随分と違います。

汚れを長い事付着させているとやがて汚れがシミになったり、色素沈着して取れない汚れになってしまう事もあります。市販のクリーナーはそのような汚れを除去する補助的アイテムですが、クリーナーを使う際はその商品のメンテナンス方法を良く読んで守って頂きたいと思います。市販クリーナーは全ての革製品で使える訳ではない場合もあります。(例えばエナメルに特化した物や黒い物のみに特化した物など様々です。)

革製品はきちんとメンテナンスをしていけば何十年も使えるアイテムですので大切に大事にメンテナンスして頂ければと思います。

お問い合わせはこちら

-シャネル, 縁のスレ傷・角スレ傷, 財布
-, ,

Copyright© 革製品(バッグ、財布、パンプス等)の宅配修理専門店| 革研究所長野店 , 2019 All Rights Reserved.