プラダ 縁のスレ傷・角スレ傷 財布

【PRADA】財布のスレ傷(破れ)や汚れを補色修理

投稿日:

当店に良くご相談がある財布の修理ですが、PRADA(プラダ)のサフィアーノとなります。

表面に凹凸があるサフィアーノレザーですが、塗膜剥がれや角スレ・リボン部分のスレが多いのが欠点となります。

どうしても表面に細かい凹凸があり、さらにはリボン部分もボリュームがありますので擦れやすいかなと思います。

今回は財布の表面だけを補色(染め直し)修理と角スレ(破れもあり)をキレイに致します。

久々の修理事例となりますが、最後までご覧下さい。

財布の角スレはそのままにしておくとダメージ拡大!

今回の財布以外も同様ですが、財布でダメージが付きやすい場所は財布の角となります。

2つ折りの財布などは特にそうですが、黒ずんだ感じになってはいないでしょうか?

「汚れ」と思う方もいらっしゃいますが、多くはコーティングが剥がれて、さらには塗膜までもが剥がれて土台の革部分に汚れが浸透している事が多くあります。この状態ですと、いくら拭き取っても元の色が出てくることはありません。(元の色は剥がれてしまっている為。)

また、コーティングや塗膜が無くなっている事により、その部分だけ弱くなっております。

これがダメージの元です。

革が乾燥しやすくなり、亀裂や破れやささくれっぽくなる現象が出る可能性が高くなります。

そうなる前にメンテナンスすれば革製品の財布やバッグは長持ちするかと思います。

PRADAサフィアーノ財布の修理前後をご紹介

それでは今回の財布を写真にてご紹介となります。

同じような財布をお持ちの方は参考にして頂ければと思います。

まずは修理前の写真です。

先程書いた角のスレ傷も分かるかと思います。また、全体的に手垢や油分等により黒っぽくなっております。

それでは次に修理後の写真となります。

最後の写真は微妙に分かりずらいですが、内側(右側カード入れ部分)は補色なし外側(左側)は補色ありの状態となります。

今回はお客様より外側のみの修理希望でしたので、この開いた状態で違和感が出ないように色を合わせての修理でした。

PRADAサフィアーノ財布での注意事項

PRADAサフィアーノの財布修理では2点注意事項があります。

  1. 凹凸が擦り減っている部分の復元は不可能
  2. 実際は凹凸で色が2色使われていますが補色修理では1色での補色修理

凹凸は革素材を作る際に型押し(プレス)をして作られていますが、修理では凹凸の再現は出来ません。修理後の写真みたいに色付けして目立たなくする事になります。

PRADAサフィアーノは凹凸で2色使われております。お持ちの方は実際に近くで見れば分かるかと思いますが、このような色付けは不可能となりますので、少し遠めに見て見える色で合わせて補色修理となります。

 

以上で今回の修理事例のご紹介は終わりとなります。

ご相談・ご依頼はお気軽にご連絡下さい。

 

革製品の修理お問い合わせ・ご相談について

革製品のお問い合わせ・ご相談については下記のリンクをご覧下さい。
メール・電話・LINE@・お問い合わせフォームからお選び頂けます。

こちらもおすすめ

1

当店にご依頼・ご相談が多いバッグの内側トラブルと財布の内側トラブルについて分かりやすくご提案・お伝えする為に特集ページを作成しました! 是非、ご検討資料として参考にして下さい。 バッグ等の内側がべたつ ...

2

当店でご依頼・お問い合わせの多いブランド「ルイヴィトン」より、ヴェルニ(エナメル)の修理内容についてご案内致します。 修理依頼No1のトラブルは「変色」 エナメルの「変色」ですが、お問い合わせの中では ...

バッグのスレ傷 3

お持ちのバッグは大事に使っていますか?気になる所はありませんか? バッグの角や縁のスレ傷 バッグ全体の汚れや染み バッグが色褪せて来た 自分でメンテナンスしたら色落ちしてしまった 他にも色々とお悩みは ...

-プラダ, 縁のスレ傷・角スレ傷, 財布
-, , ,

Copyright© 革製品の宅配修理専門店| 革研究所長野店 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.