ボッテガヴェネタ

【ボッテガ】バッグのカラーチェンジ

ボッテガバッグ修理前_1

今回は、ボッテガヴェネタのバッグ修理をご紹介致します。

パッと見た感じは大きなトラブルはないのですが、底の角スレ等はございます。

ご希望のバッグ修理内容

お客様からのご希望は「カラーチェンジ」となります。

カラーチェンジをご希望の場合はお客様よりカラーサンプルを一緒に発送して頂き、その色を参考にして調色をしておりますが、注意点としましてはカラーサンプルと色が完全一致は出来ません。

あくまでも目安にして近い色を作りますが、色の完全一致は理論上不可能ですのでご了承下さい。

ボッテガのイントレチャート修理の注意点

ボッテガのイントレチャートは革が編み込まれているのが特徴です。

ですが、修理では編み込みの下に入る部分(通常では見えない部分)までは色付けが出来ません。

極力物を入れても元の色が見えないように角度を付けながら色付けをしておりますが、分解しての色付けは行いませんのでご理解の上でご依頼を頂いております。

バッグの修理を写真でご紹介

それではボッテガのバッグ修理を写真にてご紹介致します。

まずは修理前のバッグ状態です。

ボッテガバッグ修理前_2

ボッテガバッグ修理前_3

ボッテガバッグ修理前_4

ボッテガバッグ修理前_5

元々はこのような感じでした。バッグ本体及び持ち手が全て革で作られたバッグになりますので、これをカラーチェンジしてご希望色に合わせます。

修理後の写真はこちらです。

ボッテガバッグ修理後_1

ボッテガバッグ修理後_3

ボッテガバッグ修理後_2

ボッテガバッグ修理後_5

薄茶色からグレージュのような色にカラーチェンジを致しました。

それ程大きなトラブルがないバッグでしたので、勿論元の色に近付けての修理も可能となります。

バッグカラーチェンジの注意点

今回のボッテガバッグはお客様のご要望によりカラーチェンジを実施しておりますが、カラーチェンジにも色々とデメリットがありますので十分検討して頂いた上でご依頼をして頂ければと思います。

例えば、今回のようにバッグのパーツ全ての色が変わらない場合があります。基本的に革が密接しているような場所は色付けも困難になる場合が多い為、一部妥協して頂く場合もございます。

また、カラーチェンジの色についても制約がございます。基本は淡い色から濃い色が前提です。

黄色から黒へ、薄茶色からこげ茶色へ、白から青へなどとなりますが、黒から白へなど濃い色から薄い色は塗料の塗布量が多くなりますので仕上がりや質感が大きく影響されます。

あとはファスナーの布地部分など、布地につきましては革の色付け以上に元の色が影響してしまいますので、ご希望色にならない場合もございます。

一応カラーチェンジをご希望の方へは考えられるデメリットをお伝えしておりますので、修理のご検討材料にして頂ければと思います。

それでは、本日はここまでです!

簡単!お問合せ方法について

お問合せ方法は「LINE」「メール」「お問合せフォーム」「電話」の4種類ございます!

-ボッテガヴェネタ
-, ,

© 2020 革製品(バッグ、財布、パンプス等)の宅配修理専門店| 革生活