色褪せ・色落ち

革の修理屋さん*色褪せや色落ちをお直し致します

投稿日:

革製品に良くあるトラブルとして色褪せや色落ちがあります。

こんな感じに。

革製品の多くが革に着色をして製品となっていますので、その塗膜が劣化したり何処かに擦ってしまったりすると、他の部分とは色が違って見えてしまいます。

市販されているような染色キットや色付きのクリーナーもありますが、やはり綺麗にはお直し出来ない場合が多いようです。

そんな時は革製品の修理専門店にご相談下さい。当店では色々な革製品の修理依頼が来ております。

大切なベルトを綺麗にしたい!

今回は革ベルトのご紹介となります。
ブランド品やノンブランド品など様々ですが、気に入ったベルトだけど色褪せや色落ち、擦り傷が目立って来ていませんか?
そんなお悩みも当店では染め直しで修理を致します。
染め直しと言っても色を付けるだけではなく、可能な限り傷埋めをしてキレイな状態にしております。

革ベルトの修理を写真でご紹介

では、写真で修理前と修理後をご覧下さい。
今回は2点あります。
まず1点目です。


別の部分もアップでお見せします。


こんな感じです。
黒はより黒く!
黒い革製品は劣化してくると白ボケっぽくみえてしまいますので、しっかりと染め直して漆黒に致します。
次にもう1点の革ベルトですが、こちらはこげ茶色となります。


別の部分もお見せします。


かなりのスレ傷が目立ちましたが、ほとんど分からなくなったと思います。

ベルトの修理について

ベルトの修理についてですが、今回のように革にはほぼダメージがなく、色落ちや色褪せ等であればお直しは可能です。
ですが、破れそうになっていたり、縁の部分から亀裂が入っているような場合は修理不可か、あまりオススメ出来ないとのご回答になります。
ベルトの場合は負荷が強く、亀裂を補修したとしてもすぐに剥がれや亀裂を生じてしまう可能性がありますので、場合によってはお断りするかも知れませんので、ご了承下さい。

それでは、今回はこれで終了となります。
ご覧いただきありがとうございました。

簡単!お問合せ方法について

お問合せ方法は「LINE」「メール」「お問合せフォーム」「電話」の4種類ございます!

-色褪せ・色落ち
-,

Copyright© 革製品(バッグ、財布、パンプス等)の宅配修理専門店| 革研究所長野店 , 2019 All Rights Reserved.