グッチ シャネル バッグ 人気修理事例 内張り・内袋交換

バッグの中がベタベタ・ボロボロになっても修理で解決!

更新日:

バッグの中(内側)や、外ポケットの中がベタベタ!ボロボロ!革(皮)の剥がれ!
IMG_5541.JPG
このようなトラブルの問い合わせがとても多くあります。でも、これは修理する事が出来ます。そして、もう2度と同じ事にならないようにしてしまいます!
せっかくのバッグですから、末永く使えるようにしてみませんか???

バッグの中のボロボロ原因は合皮!

当店にご依頼、ご相談頂くバッグのベタベタやボロボロの原因はほとんどが合皮素材の加水分解となります。元々合皮素材は耐久年数が短く、経年劣化によるものや、長年クローゼットや押し入れに保管したままで湿気にやられてしまった事が原因です。

日々使っていると適度な乾燥や湿度により起こらない場合もありますが、ちょっとお高いバッグだから、大切な日にしか使わないなんて思っているバッグに限って、いざ使おうと出してみるとバッグの中で革同士がくっついていた、、、そんな経験はありませんか?

このベタベタを何とか出来ないか?

ご依頼・ご相談される方の中には、ベタベタしているだけで見た目は何ともないから、このベタベタを何とかして欲しい!との相談もあります。

これは、まだ軽度な状態ではありますが、今のところそのままの状態で、ベタベタだけをくい止める方法はないと思います。
ネットには市販されているクリーナー等を使ってベタベタがなくなったと書かれている事例もありますが、「その場しのぎ」だと思われます。一度ベタついた状態になれば、既に劣化がかなり進行している状態ですのでくい止めたとしてもすぐにベタベタしてくると思われます。

そんな時は内袋交換修理で解決!

当店では、内張交換または内袋交換にて修理を致します。

内張りと内袋の違い

内張交換・・・内側の生地と外側の革を縫い合わせる

内袋交換・・・内側の生地が袋状でバッグの上部のみで縫い合わさっている

この2種類となります。

ご依頼の9割で「内袋交換」を選択されています。
現在のバッグが内張りでも内袋でも関係なく、修理する場合はどちらかを選択可能です。
例えば、現在は内張りのバッグだとしても、ご依頼は内袋交換にする事が可能です。
(※バッグの形状により内張りでも内袋に出来ない物もございます。)

なぜ2度と同じ事が起こらないのか?

冒頭に書きましたが、修理後は2度と同じ事は起こりません!
なぜならば、素材を合皮ではなく布地にしてしまうからです。もしくは本革でも可能です。
先ほども書いた通り、原因は素材の合皮にあります。また合皮で張り替えてしまうと、数年後には同じ事が起こってしまいます。当店では、末長く使って頂きたいので、「布地」を推奨しております。
布地は「シャンタン生地」を使用しております。これはバッグや財布の内側に良く使われている素材でして、布地の中でもしっかりとした素材となります。

GUCCIのバッグを内袋交換

それでは、修理事例を写真でご紹介します。
まずは施工前の写真です。
外側はまだまだ状態が良いバッグでした。
IMG_5544.JPG
これが内側となります。
IMG_5542.JPG
施工後は布地でキレイになっております。
IMG_5538.JPG
もう一枚、逆から撮った写真です。内側が2つに分かれているバッグで、一部後依頼主様が取り替えようと剥いだようですが、途中で諦めたそうです。
IMG_5540.JPG
施工後写真です。こちらもキレイになりました。
IMG_5537.JPG

如何でしょうか?中を布地にすれば、すっきりしますし、お悩みも解消致します。
既存のポケットやタグも元に戻しております。

こんなバニティバッグでも張替え可能です。合皮以外の部分は元の位置に戻します。

その他にもブログ内で紹介しておりますので合わせてご覧下さい。

【ロエベ】バッグの内装交換|内側の劣化や剥がれはこれで解決!

愛用しているバッグなのに、内側が大変な事になってしまった! こんなトラブルでお悩みの方へ当店の修理をご紹介致します。 バッグの内側がボロボロに。それは合皮だからです! 上記の写真の通りですが、バッグの内側が使っているとボロボロになってしまった場合や、久々に使おうと出してみるとベタベタしているような感じです。 これは合皮が劣化して起こる現象でして、この中に物を入れるとベタベタした物が張り付いてしまったりと大変な事になります。 ほとんどが剥がれてしまっている状態です。。。 でもバッグの外側は、 はい。至って普 ...

ReadMore

ブランドバッグの内側トラブルは内装交換で解決!

ブランドバッグの内側トラブルは多いようですね。今回はそんな内側トラブルについて書きたいと思います。 色々と原因はあるのですが、なかなかご自身で簡単に直せないのが実情です。 ブランドバッグの内側トラブルって? 内側のべたつき 内側の剥がれ 内側の破れ ざっくりと3つ書きましたが、他にも汚れだとかシミだとかもあります。クリーニングと言う手もありますが、今回書いた3つはクリーニングでは対応出来ないトラブルです。 「べたつき」これは内側に合皮が使われていて、経年劣化や加水分解により合皮がべたついてくる現象となりま ...

ReadMore

バッグ内側の劣化・剥がれ・べたつきを修理致します!

しばらく使っていなかったバッグの内側が大変な事に!!! そんな経験ございませんか? バッグの内側には合皮が使われている事が多く、劣化してしまうとべたつきや剥がれや亀裂が発生する事があります。 そのまま使っていると、入れた荷物にまで汚れが付着したり、ベタベタになってしまったりと大変な事になってしまいます。 そんなお悩みの方に修理のご提案となります。 捨てようかな・・・ちょっと待った! 多くの方は、そのような状態になってしまったバッグを捨ててしまおうかと考えてしまいます。 確かにこのままでは使えませんし、タン ...

ReadMore

バッグ内側の剥がれ修理は交換がオススメ

バッグ内側の剥がれやベタつきは使えないですよね。 なぜこのようなトラブルが起きるのか、どうすればまた使えるバッグへなるのかをご案内したいと思います。 バッグ内側の剥がれはなぜ起こる? 原因を一言で言えば「合皮の劣化」です。 革のバッグを買ったから内側だって革じゃないの???と思われる方もいると思いますが、意外と内側の素材に合皮を使っているブランドは多くあります。 なぜ合皮を使っているかは様々ですが、革なのか合皮なのかは大きな違いがあります。 「合皮」は寿命が短く、湿気を嫌いますので、高温多湿の日本では剥が ...

ReadMore

バッグ内側のべたつきトラブル!張替え修理で解決致します

バッグ内側のトラブルは致命傷ですね。 内側がべたついてしまうと物を入れる事が出来ませんので、バッグとしての機能が損なわれてしまいます。 それでも使い続けると・・・ 内側の革が剥がれてきてしまい、入れていた物に張り付いてしまいます! そして、それがなかなか取れません。 そうなる前に、大切なバッグは張替え修理をオススメ致します。 べたつきの原因は加水分解 バッグの内側がべたついてくるのは、合皮素材特有の現象となります。 ブランドバッグでも内側が合皮で外側が本革なんて事は良くあります。 合皮を使っているから「偽 ...

ReadMore

バッグの内袋交換修理価格

当店では、バッグ本体の大きさ(一番広い部分で縦と横の長さ)で修理価格が決定致します。
35センチ未満 Sサイズ
35センチ以上60センチ未満 Mサイズ
60センチ以上90センチ未満 Lサイズ
ちなみに今回ご紹介したバッグは縦横の長さが35センチ以上60センチ未満の為、Mサイズとなります。
【内袋交換修理価格(布地)】
Sサイズ:13,500円
Mサイズ :21,000円
Lサイズ :26,000円
内側のポケットやファスナー付きポケットを含んだ価格となりますが、形状や装飾品等によりオプションが必要になる場合もあります。

ポケットの増減も可能です!
ちなみに内張り交換ですと、
Sサイズ:26,000円
Mサイズ:31,000円
Lサイズ:36,000円
となります。

(※上記価格は全て税抜きとなります)

内側ではなく、外側にもポケットがある場合は同時に修理であればプラス2,000円/1ヶ所となります。

ご自身のバッグの大きさを測って頂き、どのサイズになるか確認してみて下さい。

ご依頼やご質問は下記ボタンをクリックして頂ければLINE・メール・お問い合わせフォーム・電話について記載しております。

お待ちしております!

簡単!お問合せ方法について

お問合せ方法は「LINE」「メール」「お問合せフォーム」「電話」の4種類ございます!

-グッチ, シャネル, バッグ, 人気修理事例, 内張り・内袋交換
-, , , , ,

Copyright© 革製品(バッグ、財布、パンプス等)の宅配修理専門店| 革研究所長野店 , 2019 All Rights Reserved.