内張り・内袋交換

バッグ内側の剥がれ修理

バッグ内側の剥がれトラブル!!!

写真のようにバッグの内側がボロボロと剥がれてきてしまう現象ですね。このままでは全くバッグとして使い物になりませんので、そんな時は「内装交換修理」にて使えるバッグへ甦らせます。

バッグの内側が剥がれる原因は?

ハイブランドのバッグでも良く使われているのが「合皮」素材です。

本革とは違い、合皮は人工的に革っぽく作られた素材になりますが、これが寿命をむかえると写真のように剥がれる現象や、剥がれてはいなくてもベタベタする現象が発生致します。

寿命をむかえた合皮はかなり厄介

合皮は本革よりも耐久年数は短く、合皮素材が作られた段階から劣化が始まっていると言われています。

その為、最悪なパターンとしては購入間もなくボロボロと剥がれてしまう事もあり得ます。これはバッグ自体は作られて直ぐに販売されていても、素材として長年使われていなかった場合に起こる場合があります。(素材としての劣化は進行している為。)

それと、ベタベタしているバッグに物を入れると、そのベタベタが入れた物にくっ付いてしまうなどのトラブルもありますのでそんな時は要注意です。

バッグ内側がべたつきだすと要注意

いきなりボロボロと剥がれてくると言うよりは、まず始めにベタつきが感じられるのが先かと思います。

なんか手にペタペタくっ付くイメージが出ている場合は合皮の劣化がかなり進行している状態ですので、他の物に汚れ等が付く前に早めの内装交換をオススメします。

修理は「内装交換」の一択!

べたつきを軽減するような事も可能ではありますが、これは一時凌ぎでしかない為、当店では「内装交換」をオススメ致します。

交換する素材ですが、同じ合皮では再び同じ現象が近い将来に起こってしまいますので、当店ではシャンタン生地(しっかりとした布地)への交換をする事で、同じトラブルが起こらないようにしております。

勿論、ファスナーポケットやタグなどは使える限り再利用しまして、元々と同じ構造にする事が可能です。

バッグの内装交換をご紹介

それでは内装交換前のバッグ内側の状態です。

このようにバッグの内側はかなり酷い状態でしたが、、、

このような感じで生まれ変わります!!!

冒頭の写真の状態が、、、

こんなにスッキリします!!!

 

是非、同じようなトラブルの方は内装交換修理をご検討下さい。

内装交換の修理は多数ございます!

他にも似たような修理事例をご紹介しております。

参考バッグの内側がボロボロになっても内装交換で蘇ります!

バッグの内側がボロボロ剥がれてきて使えない。 バッグの内側がベタベタする! このようなお悩みで使わなくなってしまったバッグはございませんか? せっかく買ったバッグでも、このようなトラブルが起こってしま ...

続きを見る

参考【GUCCI】バッグの内装交換でスッキリ綺麗に!

バッグの中がボロボロで使えない! バッグの外側は全然問題なくても、内側が写真のようにボロボロになってしまったり、物を入れると汚れが付着してしまう等のトラブルが多くあります。そのようなトラブルの方へ、内 ...

続きを見る

このように内装交換をして、また使えるバッグに致しますので、是非ご相談を頂ければと思います。

簡単!お問合せ方法について

お問合せ方法は「LINE」「メール」「お問合せフォーム」「電話」の4種類ございます!

-内張り・内袋交換

© 2020 革製品(バッグ、財布、パンプス等)の宅配修理専門店| 革生活