ルイヴィトン

【ルイヴィトン】エナメルバッグの色が変わって使えない!?ヴェルニの修理

エナメルの黄ばみで見た目が変わったバッグ

ルイヴィトンのヴェルニラインですが、革がエナメルで光沢のあるのが特徴です。高価なバッグですので普段使いではなくここぞと言う時に箱から出して使っている方も多いかと思います。

ですが、久々に出してみると・・・

「あれ???色が変わっている!?」

そんな経験はないでしょうか。冒頭のトンプソンストリートですが、こちらは元々ブランドカラーのライムイエローだったと推測されます。ですが、黄ばみが強くなり色が変わってしまったバッグとなります。

このようなご相談が多いですが、当店ではエナメルバッグの修理も行っておりますので是非ご覧下さい。

バッグは元の色に戻せる?または別の色になる?

当店の修理では色付けをしてエナメルコーティングをする修理になりますので、元の色にも近付ける事が出来ますし、別の色に変更する事も出来ます。

但し、濃い色から薄い色に変更するのはあまりおススメはしておりません。(例えば、黒を白にするなど)

黄ばんでしまった色を元の色に近付けるくらいであれば大丈夫ですが、極端に濃い色から薄い色に変更する修理は塗膜が厚くなってしまいますので耐久性や仕上がりが悪くなる為となります。

過去に紹介したブログもご覧下さい。

エナメルバッグを黒へ修理とパール加工ありとパール加工なしの違いをご紹介

ReadMore

【ルイヴィトン】ヴェルニよりマーレイのカラーチェンジ修理事例

ルイヴィトンのヴェルニシリーズよりリュックタイプのマーレイを修理しましたのでご紹介致します。 ルイヴィトンのマーレイとは? 上記写真のバッグになりますが、ショルダー型のエナメルバッグになります。 ルイヴィトンのヴェルニシリーズとして大小のファスナー付きポケットが2個ありまして、元々の色は写真のような色ではなく、ベビーブルーだったのではないかなと思います。 エナメル革は全体的に元の色が分からないくらいの変色をしております。 当店にはちょくちょく依頼があるバッグですので、それなりに流通していたのではないかなと ...

ReadMore

【PRADA】エナメル財布の色移り&黄ばみの修理事例

大切な財布が大変な事に!!! そんなお悩みはありますでしょうか?今回はPRADAのエナメル財布の修理事例をご紹介致します。 PRADA財布 修理前の状態 エナメル財布に良くあるトラブルの1つですが、バッグの中に色移りしやすい物とエナメル製品を一緒に入れておくと、写真のようにエナメルが色を吸収してしまう事があります。 これはエナメルの特性でもあるのですが、新聞紙やレシートなどと接した状態で放置してしまうと、エナメルがその色を吸い込んでしまい、気付いた時には落ちない状況になってしまいます。 「色を吸い込む」の ...

ReadMore

ヴェルニ財布修理後1

エナメルの黄ばみ|カラーチェンジ修理

ヴェルニの財布に黄ばみがある ルイヴィトンのヴェルニラインでもお馴染みの「エナメル」財布になります。 使われている方も多いこの財布ですが、黄ばみが出てくると気になってしまいますよね。 この財布も元々シルバーですが、縁周りがやや黄ばみが発生しております。 エナメルが日焼けした エナメルが黄ばんだ エナメルが色落ちした エナメルが色あせた などなど、色々な解釈があります。 黄ばみの原因はエナメルの特性である「黄変」が原因 日に焼けて色が変わってしまった!と思っている方が一番多いかも知れませんが、実はエナメル塗 ...

ReadMore

エナメル財布修理前1

エナメル製品の修理をご紹介

ルイヴィトンやシャネルなど、ハイブランドからも多くのラインがある「エナメル」の修理についてご紹介となります。 いきなりですが、修理前と修理後を写真でお見せします。 このようにエナメル部分のトラブルでも当店では修理が可能でございます。 なぜエナメルが緑っぽくなったのか 何度もブログには書いておりますが、エナメルは「黄変」する特性を持っています。 黄変とは、その字の通り黄色っぽく変色してしまう事でして、元々透明なエナメル膜が黄ばんでしまう為に、 青 x 黄色 = 緑!!! となってしまいます。 もちろん、これ ...

ReadMore

元の色に近付けてもまた黄ばみますか?

これも良くあるご質問の1つですが、また黄ばみは出ると思います。

理由として、エナメル塗料は黄変を特性に持つ溶剤となりますので、使用環境や経年劣化により次第に黄ばみが出てきます。これは防ぐ事が出来ない現象となりまして、逆に言うと黄ばまないエナメルはないと思われます。

但し、各有名ブランドでは日本向けに作られたバッグではない為、日本の気候を考えた調合はしておりません。その為、高温多湿の日本ではエナメルの劣化が早く起こっていると思われますが、当店の使用するエナメルは日本製となりますので、日本の気候に合わせた調合となります。

だから黄ばまないと言う事ではないですが、修理して直ぐに黄ばみが再発するのでは意味がないのでこのような対策をしております。

別の色でおススメはありますか?

また黄ばみが出て使えなくなるのを懸念する方は、濃い色(黒・濃紺・こげ茶)をおススメ致します。

簡単に言えば、黄色いフィルムで透かして見ても色が変わらない色です。一番は「黒」一択となります。

黒でもパールを入れる事により多少見た目も重い感じがしないようにも出来ますので、下記ブログを参考にしてみて下さい。

参考エナメルバッグを黒へ修理とパール加工ありとパール加工なしの違いをご紹介

続きを見る

今回はご要望でカラーチェンジで好きな色に。

それでは冒頭にご紹介したヴェルニのトンプソンストリートをカラーチェンジした事例をご紹介致します。

まずは修理前の写真となります。

次にカラーチェンジした写真をご紹介致します。

このような仕上がりになりました。

黄ばみで使うのをためらってしまったバッグでも修理する事で心機一転出来ますので是非ご検討頂ければと思います。

皆様からのご相談・ご依頼をお待ちしております。

 

 

※上記に価格が記載されている場合は以前の価格体系の場合がございます。(過去のブログの為。) 最新の価格体系(参考価格)はメニュー・料金表をご確認下さい。

簡単!お問合せ方法について

お問合せ方法は「LINE」「メール」「お問合せフォーム」「電話」の4種類ございます!

-ルイヴィトン
-, ,